総ての制限、判断、定義を手放した生来のありかた。 この状態で人はより大きな観点により 自由の中に歩みを進める。 自分自身や他人の成長のさまざまな行程や方法を受け入れる。