フォトンベルト


フォトンベルトとは・・・

 

プレアデス星団付近にある

光のエネルギーに満ちた空間のことをいいます。

 

この存在は1996年に 

ハップル望遠鏡で撮影に成功しているので

実在のものです。

この光の・・・

 


エネルギーに満ちた空間を イメージとして

ベルトと 称しているのですが

フォトン とは 光エネルギーのことで

「光子」こうし と訳されています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o

すでに 1987年の春分には 数日間 この

フォトンベルトに入っています。

 

なぜ この フォトンベルトに入ったり 出たりできるのかは

太陽系の公転軌道上の話なのですが

 

地球も 太陽の周りを 公転しています。

それゆえに 季節ができます。

 

太陽も 公転しながら 存在しています。

 

その太陽が フォトンベルトに入れば

当然 地球も その影響を受けます。

 

光のエネルギーとは あまり ピンとこないでしょうが

おなじみの 電子レンジの チンしている 中の状態を

想像してみてください。

 

フォトンベルトの中では

磁場 重力場 など すべてが 変化せざるをえない

状況下に おちいります。

 

それゆえに 原子レベルでも 根本的に変化するという

現象を 免れないということです。

 

1999年から2000年の間にかけて 

地球の公道の半分が

フォトンベルトに浸ることになりました。

 

記憶に新しいことですが

ミレニアムでは コンピューター関連のフリーズ事件が

頻繁に おきましたよね

電化製品関連のものには 不具合は

でてしまうのは この影響も 大きいのです。

 

さて これが 予言と どう 関係しているかを

ご紹介します。

 

じつは このフォトンベルトは 2012年には

完全に 入ってしまい 地球磁場が

ゼロになるという説があるのです。

 

今年に入って サーバーの不具合だとか

いろいろと 言われていますが

飛行機事故も 多いし

携帯の不具合で 急に繋がらなくなったり

また ATMの誤作動などが 多いです。

それ以外にも 電子関係のニュースが

急増しているのは???と 原因を

フォトンベルトに 持って行きたくなります。

 

人体的には どんな 症状があるのでしょう

 

以下の症状を 最近 感じていませんか?

 

  • 健康だけど 胸がつかえるような感覚に襲われる
  • 背中が痛むようになった
  • 妙に怠惰感がある
  • めまいがする
  • 動悸がする
  • 頭痛がよくする
  • 疲労感が ひどい
  • 軽い記憶障害
  • 耳の痛み

など 他には 爪や髪の 伸びがはやくなるなどともいわれています。

 

太陽や地球の変動により 人類のDNAに 大きな影響を

及ぼしているといわれています。

 

が この プレアデス星団の動きを

マヤ人は とても 深く 観察していました。

そして 2012年 12月21日の翌日には

ゼロになるという 計算を得て

暦が この日に 終わりを迎えるというものを

創り上げたのです。

 

それが マヤのピラミットの位置に

予言として のこされています。

 

マヤのピラミットの 「太陽のピラミッド」

建設された紀元前300年ころには

太陽はおうし座に位置し プレアデス星団の真下にいたのです。

 

そのほかに

テオティワカンに 立てれば

プレアデス星団は 真夜中に 性格に頭上を

通過していたのです。

ピラミットが 予言に深くかかわっていること

マヤの暦が プレアデス星団に深い

関わりをもっていることが

フォトンベルトと 無縁でないと 言えますね。

 

 

 

さて ここで 破壊と よみとくべきか

それとも 進化と うけとめるべきか

 

あなたは どちらだろう?

 

わたしは 新しい 時代がやってくると

確信しています。

 

その理由は

近々 ご紹介する 無料レポートに

詳しく 載っています。

 

ぜひ この機会に 

無料レポートで 予言の真実を

しっかりと 受け止めて 

未来ある 自分との出逢いを

広げてほしいです。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

mayan.world.name